クレジットカードの審査に通りやすいケース

クレジットカード会社は、職業だけを見て、審査を行っている訳ではありません。だから、フリーターの方でもクレジットカードを作ることができます。しかし、同じフリーターの方でも、審査に通りやすい人と通りにくい人がいます。

これは、申込書の記入内容や過去のクレジットヒストリーが影響しているのですが、一体、どのような人がクレジットカードを作りやすいのでしょうか。

クレジットカードの審査に通りやすい人

ある程度の収入がある

当然ですが、年収は、低いより高い方が良いです。しかし、フリーターの方は、正社員の方程の収入を期待できないのが現実。それでは、どのくらいの収入があれば審査に通るのでしょうか。

これは、カード会社によっても異なりますし、収入だけで審査を行っている訳ではないので、一概には言えませんが、年収100万円以上あれば、問題ないと思われます。実際に、申込書に年収100万円程度と記入して、審査を通過したという方は非常に多いです。ですから、100万円前後の年収であれば、フリーターの方でも、クレジットカードは作ることができると言えます。

勤続年数が短すぎない

アルバイトであっても、勤続年数が短い方よりも長い方の方が審査には有利です。勤続年数が長ければ、安定継続的な収入があると考えられるからです。アルバイト先を転々としているよりかは、同じアルバイト先でずっと働いている方が、継続的な収入が期待できると、カード会社は考えるんですね。

この項目も一概には言えませんが、1年以上の勤続年数があることが望ましいでしょう。

親と同居している

年収や勤続年数等が同じであっても、一人暮らしのフリーターの方よりも両親と同居しているフリーターの方の方が、審査における評価は高くなります。

一見、カードの審査には、何も関係なさそうですが、実は、結構重要なポイントだったりします。収入が少なかったり、勤続年数が短くても、親と同居していると、高評価になりますので、クレジットカードは作りやすくなるんです。

これは、仮に本人がお金を支払えなくても、同居している親が肩代わりしてくれると考えられるからです。また、夜逃げをすることも考えにくいですよね。ですから、一人暮らしよりも親と同居している方が、審査に通りやすいんです。

サブコンテンツ

フリーターの方におすすめのクレジットカードランキング

  • 楽天カード

    楽天カード

    テレビCMでもおなじみの楽天カードは、比較的審査に通りやすく、フリーターの方におすすめのクレジットカードです。

    公式サイトにも、18歳以上であればフリーターの方でもOKと書いてありますし、実際に、審査に通ったというフリーターの方も非常に多いので、クレジットカードが欲しいという方は、まず申し込んでみることをおすすめします。

    年会費も無料で、ポイント還元率も高いので、申し込んで損はないと思いますよ!

    年会費
    貯まるポイント
    ポイント還元率
    申込資格
    無料 楽天スーパーポイント 1~3% 18歳以上の方

    楽天カードの詳細はこちら

  • イオンカード

    イオンカード

    イオンカードも、楽天カードと並んで審査に通りやすいクレジットカードです。こちらも申込資格は、18歳以上の方となっていますので、フリーターの方でも問題なく申し込むことができます。

    年会費は無料で、貯まったポイントはWAONポイントに交換できます。更に、イオンでのショッピングがお得になる特典もありますので、節約にも役立ってくれるはずです。イオンで買い物をする機会が多いという方には、特におすすめ!

    年会費
    貯まるポイント
    ポイント還元率
    申込資格
    無料 ときめきポイント 0.5~1.5% 18歳以上の方

    イオンカードの詳細はこちら

  • セブンカードプラス

    セブンカードプラス

    セブンカードプラスは、申込資格が18歳以上で安定継続収入がある方となっていますが、フリーターの方でも、比較的作りやすいクレジットカードです。アルバイトで生計を立てている方でも、同じバイト先での勤続年数が1年以上あるという方は、申し込んでみる価値はあると思います。

    年会費は初年度が無料で、2年目以降は1,000円必要になってしまいますが、前年度利用額が50,000円以上の場合は、無料となりますので、それほどハードルは高くありません。セブンイレブンで買い物をする機会が多いという方は、ぜひ持っておきたいカードです。

    年会費
    貯まるポイント
    ポイント還元率
    申込資格
    初年度無料 nanacoポイント 0.5~1.5% 18歳以上で安定継続収入のある方

このページの先頭へ